歯科医のご紹介

はじめまして。
シリウス山の手歯科の
院長 島貫 光裕です。

歯科医のご紹介

院長のご挨拶

シリウスとは全天で最も明るく輝く星です。歯科医院としてそのような存在になれるよう志して医院名に使いました。皆様の歯に対するお悩みをしっかりと受け止め、ていねいな説明とさまざまな治療法の提案で、一人ひとりに満足いただけるような診療を提供し、笑顔でお帰りいただけるよう努めてまいります。また特別な診療台で予防を快適に施しお口の中の健康や美しさをお守りして素敵な笑顔のサポートをすることをお約束いたします。

略歴

1966年4月8日生まれ 函館出身
1985年3月|函館ラ・サール高校卒業
1992年3月|北大歯学部卒業
1992年~1997年|北大歯学部第2保存学講座(歯周病学)在籍
1997年~2001年|とだて歯科医院分院長
2001年4月|シリウス歯科クリニック開業
2018年3月|シリウス山の手歯科開院

所属団体

日本歯周病学会会員

床矯正研究会会員

趣味

登山・サイクリング・写真・天体観測など

院長の取り込み

「床矯正(しょうきょうせい)」とは

口の裏側につける床部分と歯を抑える金属線で作られた、「床矯正(しょうきょうせい)装置」と呼ばれる取り外しのできる矯正装置を使い、歯をすべて残すことを基本の考えとして行われる歯列矯正です。そのため歯を抜くこともなく、矯正装置をつけることでの新たなコンプレックスを抱くこともないので、たくさんの思い出を残す時期を過ごすお子さまに適した矯正といえます。ヨーロッパで一般的に行われている歴史の長い治療法で実績がございますのでご安心下さい。

大切なのは、歯と思い出を残すこと

床矯正には一般的な矯正治療と比べ、大きく異なるポイントがあります。

1.歯は抜かない

顎の中に正しい歯列で収まりきらない部分を、微調整できるネジを用いて歯列を広げることで、重なった歯を正しい位置に移動させることができます。そのため、歯を抜くことなく治療することができるのです。永久歯が出てくる6歳から9 歳までの間に始めるのが最適です。

2.装置の取り外しができる

1日最低8時間以上装着していることができるのであれば治療が可能なため、大切なイベントや撮影の際には取り外すことができます。装置の取り扱いも簡単なので、お子さまでも対応ができますので、ご安心ください。 

3.費用を抑えることができる

従来の一般矯正に比べて、通院回数や床矯正装置の製作と装着、調整が簡単なことから、治療の費用が根本から抑えられます。また歯の磨きづらさも少ないことから、虫歯や歯周病になる可能性が少ないため、矯正治療中にかかる他の治療費も少なく済みます。

患者さまの大切なすべての歯とたくさんの楽しい思い出を残していただくため、
シリウス山の手歯科では、床矯正での歯列矯正治療に取り組んでまいります。

シリウス山の手歯科

〒063-0007 札幌市西区山の手7条7丁目2-7

※クリニック前に5台駐車可の駐車場完備
当院は予約制です。
急患も受け入れております。ご予約・お問い合わせはこちらまで

  • 011-613-8241
  • 011-613-8241

診療時間

9:00~13:00休診
9:00~15:00休診
14:00~18:00休診

※水曜・日曜・祝日休診